スクワットの効果確信!走行距離ばかり追うよりもいいのかも?


昨年9月よりスクワットを継続している。

最初は、ジェットゆうさんの動画を観ながら69回1セットでスタート。現在では、空き時間に10回1セットで50~100回/日を目標にしている。

2ヵ月ほど継続して参加した下関海響マラソンで脚のダメージが全くないことでスクワットの効果を体感。

その後もサボリが入りつつも継続して、スクワット開始から約半年後の北九州マラソンでも脚のダメージがなかった。

これまでの経験では、フルマラソンを走れば仮装していることやペースものんびりと時間をかけて走るので、多少なりとも脚の筋肉痛があったはず。

 

でも、ないのだ。

 

日常的にあまり走っておらず(それもどーかと…w)参戦している私なので、間違いなくスクワットの恩恵に違いないだろう。

効果を確信できたので、スクワットやってる仲間にもアンケートを実施した。

 

その結果がこれだ

まだやっている人はいるはずだが期限までに回答の得られた26名によると、全員がスクワットにより脚の疲労や筋肉痛が軽減したと回答している。

 

もちろん、やらないよりも辛くなるとすれば本末転倒なので当然の結果と捉えることもできるが、変わらないという回答もあるかなと思っていたので意外だった。

 

スクワットの方法、やり方、やる時間帯などもできるだけ効果的になるようレクチャーもしている。

あくまでも当教室内でのアンケートではあるが、スクワットを継続すること=マラソンにおける脚の筋疲労・筋肉痛軽減に大きな効果があることが実証できたことは意味がある。

これからも継続しようという気になる。

また、ウルトラマラソンでも同様の傾向が出てくることに期待しつつ、3月・5月と自ら実証するためにさぼらずにやろうと決意したところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください