吾輩が【HOKA】である|HOKA ONEONE Bondi B


家の引越しと息子の引越しのW引越しで約3週間記事も書けずに過ごしてました(忙)少し落ち着いてきたのと、ちょうど秋のウルトラの相棒?が届いたので久しぶりの更新です。

2年前に履いた感触が忘れられず…

IMG_4381
このフォルムは一度見ると忘れられない!?

トレランの世界で、HOKAはまず火がついたように思います。最近は、ALTRAを履く人のほうが目立つ気がしますが、HOKAの持つインパクトは健在ですね!

まず、外見で目を引くのはそのクッションの分厚さでしょうか?なんだか履いてると背が高くなるというシークレットシューズなんじゃないか?と思ってしまうほどのボリュームがあります(笑)

実際には、デザインほどの厚底ではないようですが、それでも一般的なランニングシューズよりも分厚いことは間違いなく、HOKAの代名詞ともいえるクッションニングに貢献しています。

2年ほど前に、東京のSHOPで履いたことがあり、そのときのクッションの気持ちよさと前に転がりやすい形状に魅了されていたのですが、購入するタイミングがなく2年越しの入手です。ちなみに、ホカオネオネと読みますw

HOKA ONEONE Bondi Bを選んだわけ

IMG_4383

実は、東京で試着していたのはロード用モデルのスティンソンターマックなどでしたが、今回購入したBondi Bはロード/トレイル兼用モデルとして位置づけられています。

トレランは、トレーニングとしては今後も取り組んでいこうと思っているのと、ウルトラマラソンで履けるシューズを探していたら、1足で両方こなしてくれそうなこのモデルに決めました。

過去のウルトラマラソンは、すべてアシックスのゲルカヤノを履いて走っており特に問題もないのですが、唯一のネックであり毎回起こる左足の人差し指のマメや爪はがれが解消できるといいな…という期待も込めています。

少しウォーク+ランした印象は?

FullSizeRender (2)
どの程度、ソールが持つのかな?

届いた日が生憎の雨…。北部九州が梅雨入りした日に我が家にやってきたBondi Bですが、翌日である今日、小雨がやみかけた瞬間を狙って早速、近所をランニング&ウォークしてみました!たぶん1kmくらい(笑)

やはり、まずは圧倒的なクッション性能を感じました。これは、これまでに最高!と思っていたアシックス ゲルカヤノのそれをはるかに上回るもののように感じます。

また、足指の付け根より少し後ろで蹴り出す際(つまり最大の加重がかかっているとき?)にソフトな沈み込みが体感できHOKAのならぬ!?クッション性能を知ることとなりました。のシューズではあまり感じなかったものです^^;

ミッドソールが所々剥き出しなところも印象的で、赤→シルバー→白の順にやわらかくなっているようです。いずれにしても、もう少し長い時間走ってみないとレビューになりませんが、少し履いただけでもクッションニングがタダモノではないことはよく分かりました。

HOKAを履きこなすためには

IMG_4385
重そうに見えて270gくらいしかないのです。軽い!

ややずんぐりむっくりなフォルムから分かりにくいですが、つま先が結構上向きになっています。ランニングシューズは、横や後ろ方向への動きを考慮せず、前に進むことだけを考えて作られているので、基本的にどのシューズも同じ傾向です。

しかしながら、HOKAは自然と前にローリングする力が他のシューズよりも強い気がしています。これは、慣れるまでは履きこなせないかもしれないですね!?=このシューズの持つ最大のポテンシャルを引き出すには、着地も重要かも?

私は、身体の真下で着地しやすいようにフラット着地を心掛けています。それが、うまく出来ないとHOKAの持つ自然に足を前に運んでくれるという感覚は感じられないのではないかと思ってます。

その辺りをしっかり検証して、レビューを上げる予定です!

 

吾輩が【HOKA】である|HOKA ONEONE Bondi B” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください