42.195湯?べっぷフロマラソン 完湯記


温泉で有名な別府で開催される別府八湯温泉まつりのイベントのひとつとして、昨年よりべっぷフロマラソンが開催されている。2回目となる今回、興味をそそられ完湯目指して挑んでみた。

世界一の温泉観光地 別府とは?

IMG_0571

世界で最も温泉の湧出量が多いのは、アメリカにあるイエローストーン国立公園だが、ここは温泉地として整備されているというよりは広大な敷地からの湧出量が甚大であるという理由が主であり

・温泉が整備された観光地となっている

・温泉を気軽に楽しめる

という観点からみると湧出量第2位の別府が事実上世界一と言えるだろう。

また、別府を訪れたことのあるかたなら分かると思うが、あちこちから湯煙が立ち上り、その泉質が多様であることも温泉地別府の特徴である。

べっぷフロマラソンとは?

そんな別府の温泉を、スタンプラリー形式で回っていくのがフロマラソンであり、フルマラソンの距離にちなんだ42.195湯(0.195湯はJR別府駅前にある手湯)を3日間で巡るというものである。

今年度はフロマラソン温泉マップに掲載されている75湯の中から、任意に42.195湯を選択することになっている。

市営温泉などを中心に昼休みがあったりして営業時間に注意が必要なこと、無料開放している施設もあれば有料の施設もあること、そしてもちろん効率よい回り方を考えないといけない。

なかなか忙しくてフロマラソン開催の前日に、ようやくマップから情報を調べて自分なりの温泉の選択・回る順番をリスト化した。

IMG_0565

この時の大敵は、いろんな情報を整理して並べ替える作業もさることながら…

 

老眼である

 

マップに書いている数字が読めないのだ。特に6,8,9あたりはどれがどれだか?

 

それともうひとつ…
別府に向かう特急ソニックの中で気付いたことだが

 

そのリストを家に忘れたことだ

 

そんな一見様状態になっても、ソニックは当然ながら別府に着くのである。

べっぷフロマラソン START

IMG_0570

 

ないものはしょうがない。

とりあえず受付を行い、荷物を宿泊ホテルへ預けたあといよいよスタート。今回は、ランニングクラブの仲間3人と参戦だが、一緒に別府入りしたMコーチと1湯目は一緒に、その後は翌日のスケジュールや持ち時間も違うため、それぞれの決めたルートで別行動。

少し遅れてスタートのくぼっち(また私のブログに登場…w)も別行動。夜の打上げで合流予定だ。

私自身は仕事の関係で、猶予時間は翌日の12時~13時ゴールまで。9時にスタートしたので実働1日半だ。

 

雨…
雨…
雨…

スタートから雨が降っており、傘をさしての移動を余儀なくされる。途中の移動手段は何でも構わないがこの日はJR+ウォークの予定。

できるだけ初日に32~35湯回りたいと考えつつ、昨日考えた記憶を頼りに2湯目を目指す。

フロマラソン1日目(浜脇温泉~別府温泉~亀川温泉)

雨のため用意してきた浴衣はあきらめ、ランナースタイルになっていたが傘を持っていてはなかなか走れない。

しかも雨が結構降るのでマップの出し入れやiphone操作するのもひと苦労…。

そんな中でもいくつか撮った写真とともに1日目を振り返ってみよう。

IMG_0576
全温泉で記念撮影!と思っていたけど忘れたり雨で撮りにくかったりで途中でやめた(笑)

 

最初の3~4湯で名人会?の方3人組と一緒になり、フロマラソン攻略のポイント、温泉にかける熱い想いを聞かされ身が引き締まる。

 

IMG_0579
ここではおじいちゃんが1人入っていて、まぁゆっくり入りなさいと…。

基本的には1日に30湯以上制覇しようという目標なので、そうそう湯に浸かっている時間はないのだ。カラスの行水のような入浴でいくつもりだったが…

街のことや温泉組合の話、1ヶ月の入湯料が値上げされたetc…

じ、時間ないんですけど…^^;

 

更には、以前、私が住む街で働いていたというここでそんな偶然?ていうタイミングも重なり、かなりの時間ロス(笑)

出会いは楽しく意義あるもので大歓迎だが、今回の限られた時間の中ではタイムロス(笑)

 

IMG_0580
行ったら営業時間前で入れなかったの図

 

IMG_0583
喫茶でお茶を飲んだら貸切湯に入れるところ。ふと玄関上を見るとケロリンが整然と並んでた

 

IMG_0588
表情に深い意味はありません。同じだと面白くないかと思い…42もあることに気付いてないころ

 

IMG_0591
何回も前を通っていたのに気付かなかったところ、わかりにくいよ

 

IMG_0596
老眼を治して下さいっ!

 

IMG_0597
定番のこれも。

 

IMG_0612
ちょっと高い温泉には無駄に長居する貧乏性が哀しい

 

IMG_0598
驚くものは何もありません

 

IMG_0620
31湯目 顔色が白くなりつつある?

 

終日雨。

傘を差していても濡れてしまい、温泉でさっぱりした後に濡れたウェアやソックスを履きまた歩く。の繰り返しで正直楽しさ半減だ。

天気よければもっと楽しくて走れてたなと思いながら、最後の温泉に入りJRで一駅の別府駅に戻り、ホテルへチェックイン。

1時間ほど休憩したのち、打上げのため再び外出。

IMG_0636
とりあえずお互いの労を労いカンパイ♬

 

IMG_0637
初日の報告や明日の予定など話した?適当に盛り上がり…

 

IMG_0638
こんなんなりつつ今回の合流はココだけ(笑)翌日誰にも会わず帰る

 

初日は33湯制覇することが出来て、翌日は昼までに9湯で完湯だ。

少し気持ちの余裕があるものの、フロ疲れ?とアルコールですぐに就寝zzz

 

フロマラソン2日目 別府温泉~浜脇温泉~鉄輪温泉

疲れているのに3時ごろ目が覚めてからは寝付けずに結局起きてた。実は前々日からこの睡眠障害がありタダでさえダルいが、せっかく起きてるので早めに動くことに。

昨日の反省から、営業時間を調べて確認。9湯の計画を見直して7時ごろスタート。

IMG_0654
昨日、取りこぼしたポイントのフォローをして、最後は鉄輪温泉へ

 

前日に履いてたパンツのおしりの部分が破れていて捨てる。いつから破れてたんだろ(恥)

今日は雨が降ってないので快適なスタート。曇っていて万一の時に備え浴衣は封印。何のために買ったんだか!?

 

IMG_0672
油谷 熊八像 別府観光の父とも呼ばれるお方

昨日、取りこぼした別府周辺の3つの温泉をクリアして別府駅に戻る。ココから鉄輪温泉へ温泉バスで移動予定。

 

しかし、早めの行動が功を奏して、10時初の500円乗り放題温泉バスに対して9時に戻ってきた。待っている時間がもったいないので、普通の路線バスで鉄輪温泉へ向かう。

 

IMG_0675
鉄輪温泉はこの道しるべがあって本当に助かった。

フロマラソンのマップは数字が小さく、ざっくり気味なポイント振り+老眼なのでよくわからない。

この道しるべに助けられ、順調にクリア。

ラストは、ひょうたん温泉でゆっくりとお風呂を楽しむことにした。

ここは、檜風呂から名物打たせ湯、露天風呂などなど温泉のフルラインアップともいえる充実振りだ。

フロマラソン参加施設の中でもホテルを除くと料金も高めなのかな?でも750円というのは、北九州市内のファミリー温泉と同等もしくは安い。

別府は基本的に安いのである。

IMG_0677
ここはのんびりいこう

 

IMG_0678
温泉卵も定番。美味しい

 

そしてようやく42湯クリア。あとはゴールの別府駅で手湯(0.195湯)で終了だ。

バスに揺られ、(路線バスだったので)えらい長いこと揺られながら別府駅へ到着!

手湯を行って事務局へ!

 

ゴーーーーール!
IMG_0702
ちょうど12時

 

IMG_0707
血?と汗と涙?の結晶

 

IMG_0704
名前くらい入れて欲しいなぁ…

 

兎にも角にも、べっぷフロマラソンを無事完湯できてホッとした。

初日はロゲイニング経験やそのポイント設置者としてあまり人に道を聞かずにやっていたが、夕方暗くなりかけてくるといろいろ町の人に教えていただいた。

翌日も然り。積極的に聞いてみたが、みな一様に親切丁寧に教えてくれる。一緒に歩いて連れて行ってくれたり、分からなかったら分かる人を探してくれたり…

おかげさまで無事ゲームを終えることができました。

ありがとうございました!

フロマラソン完湯して思うこと

とても楽しい企画であることは間違いない。雨さえ降らなければもっと快適で楽しい企画になることだろう。

しかし初体験なミステリーも

 

スマホの指紋認証が効かなくなった…^^;

 

雨降りで両手が不自由な中、いちいちパスコード入力は面倒だった。てか、指紋がふやけたのかな?(笑)

 

そして歩いた距離が33.3km

IMG_0632

IMG_0705

 

まぁよく歩いた+風呂の入りすぎなのか?気だるい疲労が2日経っても続いている。これは寝不足もあると思うが…。

天気さえよければ、今度はランニングで参加してみたいなと思えるということは楽しかったんだろう、きっと。

何だかそれさえも分からなくなるほど未だにボーっとしているが、やっぱり来年も行きたくなるのかな!?

参加した皆さん、ご一緒した皆さん良縁をありがとうございました♬

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です