今年の勝負レース!橘湾岸スーパーマラニック217km迫る!


 

ちょうど1ヶ月前のタイミングで事務局から書類が送ってきた。

私自身は、常に前年度の自分を超えたいという想いがとても強い。同時に、既にクリアしたレースにはあまり執着がなく、同じレースに毎年出るというよりは、少しでも広く薄くウルトラの世界を見てみたいと思っている。

未知の世界へのチャレンジは、根拠もなく心が躍る。

 

そんなこんなで、2017年にとりあえず完踏した173kmではなく、2018年から新設される通称Eコース(217km)にエントリーしている。

173kmから44kmも延びるなんて、普通に考えると末恐ろしいがもうこのあたりの距離になると、あまり気にならないのが不思議だ。

217kmだろうが300kmだろうが

 

なるようになる。

 

と腹を括ってしまえば怖いものはないのだ。

きっとレースの最中には、この能天気さを激しく後悔するハメになるのだが…。

 

そして今年もまた、このシートにパンチで穴を開けるために壮絶なレースに挑むこととなる。

終盤になると、このパンチ何処で売ってるんだろうと思い始めた記憶がある(笑)

 

そしてこれは、見ると心がボキボキ折れるのでもう見るまい(゜o゜)

全部で大小51箇所のアップダウン

 

エイドもこんなにたくさん!感謝、感謝!

 

今年に入って非常に多忙だったことと毎月250km走っており、その疲れが出て4月は脚が止まっている。ついでに休足して万全のピーキングを行いたい。

 

その前に、、、

来週は奥出雲ウルトラおろち100km遠足だ。

この大会を最後のロング走練習として走りきり、弾みをつけたいところだ。

 

天候や体調などどうなるかわからない要素はいつもと同じく多い。

コントロール出来るのは自分のメンタルくらいだろう。あ、あと昨年走れなくなるほど苦しめられた股擦れ対策と。

私はどんなウルトラでも、テーピングやエアサロンパスは使ったことがない。筋肉痛はあれども膝が痛くなったこともない。

それだけ効率のいいフォームと強靭な肉体は待っているつもりだ。

がしかし、擦れる痛みは発症するととても厄介だ…。

 

今回は股擦れ体策として包帯パンツで挑む!
SIDO(シドー) 包帯パンツ ノンヘムショートボクサー ネイビー M(76~84cm)

 

両手を掲げてゴールする自分をどれだけ鮮明に頭の中で映像化できるだろうか?

それが勝負の分かれ目に差し掛かった気がする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です