体質改善プロジェクト【1日1食】を始めて1週間で解ったこと


 

自堕落な食生活やいつまでもクリアしない体質の改善を目標として、2019/2/14から1日1食生活をしている。

これまでにも様々なダイエットで成功してはリバウンドを繰返してきた自分が、最も効果的で長続きしやすいと判断して1日1食を選択した。

現在のところ、朝と昼は

・しょうが紅茶(黒糖入れて)
・コーヒー
・スムージー
・豆乳甘酒

のいずれかを飲んでいる。

基本は、しょうが紅茶が6~7割だが飽きがくるといけないので適度にシャッフルしているのが現状だ。

夜は、特に制限することなく好きなものを飲み食いしている。

ちょうど1週間経過したので振り返って確認できたことは以下の通り。

・空腹感は十分耐えられるというか感じない

・日中の覚醒度が高まる

・元来、順応性が高いと自負していてもうすっかり慣れた

・この1週間で使った外食費は1,900円

・夜は好きなものを食べている

・アルコールの量が増えた

・少しずつ痩せてきた

よく停滞期などで頑張っていても体重が落ちなかったり、トレーニングをやりだすと体重増えたりしてしまうので、体重の測定は行っておらず始めるきっかけとなったジーパンや普段来ているシャツなどで身体の変化を確認している。

たぶん、ここ数年で一番太っているので恐ろしくて体重計に乗れないのもある(笑)

見苦しいが


たぶん1~2か月くらい前には普通に履いてたのに閉まらなくなった(笑)

2回飲み会があったものの、自分なりに調整しつつ1日1食を1週間やって(2食になった時が1日あり)

 


とりあえず閉まるようにはなったものの、はち切れそうなレベル(笑)

 

急激に太っていたはずなので、当面は落ち方も比較的早いだろうと思う。

大事なのは継続である。

まだ1週間だが、これを1ヵ月、3か月、6か月、1年・・・と続けて、最終的にはルーチンスタイルにするつもりでいる。

なぜならば、自分自身の過去のダイエット失敗などを振り返っても然り、1日1食くらいでちょうどいいはずだと確信したからだ。

要するに食べ過ぎる。この飽食の時代に誘惑をコントロールできない結果であることが理解出来てきた。

ただし、糖質制限やカロリーカットなどの制限はずっと続けられないこともわかっているので、

なんでも食べていいし、お酒も飲んでいい!

その代わり1日1食!というのが自分には合っているし継続しやすい。

現状、特に苦にもならないので食事していた時間をジョギングに置き換えつつ、しっかり続けていこうと思う。

 

目指せ!ナイス腹!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください