手の痺れが止まらない 手根管症候群のランニングに与える影響は?


 

影響はたぶんないだろう(笑)

なんだか手のひら?指のしびれが出現。1週間経過しても症状がおさまらないので整形外科を受診した。

問診、触診、X線で首・手ともに異常なし。念のためのMRIでも首に異常所見なしということで、手根管症候群と診断を受けた。

手首には、手指の運動をつかさどる正中神経や腱などが通る手根管というトンネル状の部分があり、その中で正中神経が圧迫されてしびれが出るようだ。

いまのところ、生活や日常動作に支障はない程度の痺れだが、ひどくなると手術する必要があるようだ。

左手だが、そんなに酷使するような覚えもなく原因がわからないが四六時中痺れているのは事実。

昨夜は夜中に痺れで目が覚めて朝方まで眠れず、おまけに何故だか?脚も痺れていて(坐骨神経痛も併発!?)こんなの続いたら辛いなぁ…と思った。

手だけならまだしも、下半身にも出てくると走るのにも影響が出てきそう!?

受診後の治療や投薬もないので経過観察して、ひどくなったら再度受診ってことになったが、どうにか自主的に治せないものか?

Drは、自然治癒することはないがひどくなることはあると言う。

 

ん?待てよ…

 

以前、足底腱膜炎に罹った時も、同じことを言われたなぁ。

でも、足裏を徹底的に鍛えたら治るんじゃ?と思い立ち、ランニングシューズを脱ぎ捨て、サンダルラン、ビーサンランをしていたら、いつの間にか完治した経験がある。

サンダルで走り出してからは、いつしか足底腱膜炎の痛みは皆無であり、罹患していたことすら忘れてたくらいだ。

この手の痺れもどうにか治す方法がないものか?

そんな過去もあるので、治らないとか言われると、そんなことないやろ?と燃えてくるタイプの人間だ(笑)

ちょっと考えてみよう!

Let’s Do It!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください