ベチュラン日誌|おNEWのベチュラエナジーを履いて感じること


 

元々、ランニングシューズにあるようなクッション性や衝撃吸収機能を求めているわけではないので、少々ヘタってきても裸足よりマシ!と最初のサンダルを長く履いている。

練習量が少ないのもあるが、それ故に生産中止を前に買い溜めていたベチュラエナジーもクローゼットに眠ったままだ。


何年分あるだろうか?(笑)

今回の北九州マラソンの仮装とコーディネイトして?ニューカラーを下ろすことにした。

 

これまで履いていた黒と赤の2足はウルトラでも履いており、ヒールカップはかなりヘタっており、裏側(ランシューでいうアウトソール)もかなり摩耗してきていたのでいいタイミングでもあった。

しかし、久しぶりにおニューを履いてみると

びっくり仰天!

アーチサポートやクッションがこれでもかというくらいに感じられて、いかに履き潰していたのか?思い知ることとなった。

これまでの2足には敬意を表して、お庭用と車に常備用で普段履きとして使っていこう。

サンダルなので穴でも開かない限り使えるので、捨てるタイミングがわからない(笑)

 

ドイツ人が真面目に考えて造りこんだ本当によく出来たサンダルであり、ウルトラマラソンなど走る際にはやはり新しいもので走ったほうが、その機能や恩恵を活かせる気がする。

ただ、もう生産されていないという状況もあるので悩ましいところではある。

似たような商品が出ているようだが、形だけ真似てみても似て非なるものという可能性も高い。

 

既にランニングシューズで走ると足が痛くなるので、ビーサンで走る脚が出来ているのだと思う。

今後もベチュラン・ビーサンランを続けていくつもりだ。

まずは北九州マラソンの42.195㎞をベチュランで楽しもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください