ビーサンウルトラランナーへの道!ベチュラエナジーの耐久性について続編


ベチュラエナジーの耐久性の考察記事を書いた後、少し考えが変わる事件?があったので続編を書くこととした。

以前書いた耐久性の記事はこちら

ベチュラエナジーについての詳細はこちら

 

自分なりに快適に走れる寿命距離を200~300kmと結論付けていたが、世の中にはすごい人がいるもんだ。その方がSNSに投稿しているのを見せていただいたのだが、、、

 

ベチュラで約1950km近く走って穴があきそうになっています!


穴があく前に補修剤とかで肉盛りしたらまだいけるかなぁ~~とか考えています。

 

 

 

・・・・・・・

 

 

スゴッ(゜o゜)

 

2000kmといえば、私のいまの練習具合だと余裕で1年は持つな…。

ビーサンを裸足を防ぐための保護だと考えてしまえば、多少薄くなろうとも直接足を路上につけることに比べれば全然使えるということだ。

 

自分の中で妙に納得した。

 

履き替え寿命が早いと判断して、ストックしているベチュラエナジーが現在8足(笑)


補欠ベチュラエナジー陣の出番は一体いつなのだろう?

 

もう履けないかと思っていた2足を今も履いている。

ネットの状況を見ていると、ベチュラエナジーはいよいよその市場在庫も尽きてきつつあるようだ。ストックしといてよかった。

 

一番品揃え豊富だったナチュラムもあとわずか…。

Betula(ベチュラ) ENERGY(エナジー)

もう選べるサイズも色も少ない。

 

 

10月の壱岐ウルトラマラソン 100kmもビーサンで完走する!という目標を掲げている。

 

これから10足のベチュラエナジーとともに、どんな世界、どんなドラマが待っているのか?楽しみだ。

 

しかし、想像以上に耐久性が高くなるようであれば、真面目に走らないと棺桶がビーサンだらけになりそうなので頑張って練習していこう(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください