実践レビュー!タタミサンダルと素足でフルマラソンを走ってみた


当ブログで過去にタタミサンダルのレビュー記事をいくつか書いている。普通に走れるという確証を得て、先日の北九州マラソンでフルマラソンを走ってきたのでレビューする。

 

一体 誰の役に立つのか?検討もつかないところがあるが(笑)

 

まずは、当日のスタイルから

2月にも関わらず素足にサンダル

 

ソックスを履こうか迷ったものの、コスプレの完成度を高めるため根性の裸足である。幸い、当日はそんなに寒くなかったので助かった。

 


なんせこんなコスプレだったので…素足じゃないとおかしいかと。(やりきること大事)

 


足元はこんな感じで

 

結論:フルマラソンの距離も問題なく走りきれた!

 

筋肉痛も全くなく、持病の足底腱膜炎以外には足・脚の異変も皆無だったので、ランニングシューズの代わりとして十分に通用するサンダルだと感じた。

あくまでも個人的な見解ではあるが…。

 

元々、タタミサンダルで40km走もやっていたので心配はしていなかったし、本来はこのサンダルでウルトラマラソンを走ることを目標としている。

しかしながら、前回のマラニックと違い、ゆっくりながらも走り続けたからか?両足の拇指球付近に大きなマメが出来てしまった。

30km過ぎくらいから違和感を感じて、

 

マメだな…

 

と感じていたものの見るといろいろ気になりそうで、気のせいだと思うことにして一度も見ることもなく完走した。

マメが出来るのは素足と畳との摩擦がスゴイということだろう。となると、これ以上距離が延びるとちょっと厳しいかもしれないなと感じた。

サンダルという形態上、爪先のマメやトラブルからは開放されたものの、新たな問題点が浮き彫りになった。

ソックスを履いて走ると少しでも摩擦熱が軽減できるのかどうかわからないが、ソックス+サンダルというスタイルもイマイチな気がする。

次から次へと課題が出てくるが、なんとかベストな方法にたどりつきたい。引き続き検証してみようと思う。

 

余談)昨年の橘湾岸スーパーマラニック173kmでは、ワセリンを塗り忘れるという前代未聞の大チョンボにより、股ズレに悩まされその完踏において大きな障害となった。その対策として今回いろいろ調べてみた結果、

 

包帯パンツ

 

なるものを購入した。

 

1枚3,000円以上するパンツは初の購入だが、どうやら股ズレ対策に有効との声もある。誰にもわからないパンツセレブ気分にひとり浸りながらこちらもレビューしようと思う。

全国の股ズレにお悩みの皆さんのために!

*包帯パンツの詳細はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.