第2回AKB50 IN 頓田貯水池 いろいろと検証してみた!


知ってる人は知ってるAKB企画。第1回AKB60のときはあえなく熱中症となり30kmで撃沈、、、リベンジ企画としてこの度AKB50を実践。超ロング走とともに、Itoitex、HOKA、Garmin920XTJの実力も確認。さて、結果やいかに?

ウルトラ前のAKB50はまさかの…?

14100271_1086740944739488_4462834295923781836_n

10/2の壱岐ウルトラマラソンまで約1ヶ月となった8/28に実行。本当は70kmくらい走りたいタイミングではあるものの8月という時期、頓田貯水池のアップダウンやカーブの多さの負荷を考慮して50kmを目標に走ることにしました。

今回は周回コースなので、教室やクラブのメンバーに声をかけてそれぞれのマイペースで走れるということもあり、総勢16名の参加となりました。

それぞれの目標を設定してチャレンジして、ほぼ全員が目標クリアしたのかな!?当日の涼しくて風が吹き抜けるベストコンディションも手伝って、私も快調に1周 6.25kmの周回をこなしていました。

しかし、6周目の途中から無常の雨…。シューズのなかも水溜り状態となったところで安全のため中止となりました。走った距離は目標に届かない38kmでしたが、疲労を感じなかったところに気持ちの落としどころをつけました。

また、マラソン大会でもここまでないぞ!というくらいのエイド提供をしてくれた仲間に感謝です。コンディションを良好に保つことが出来たことも快走の一因であることは間違いありません。ありがとうございました!

HOKA oneone 最長距離更新の結果は?

FullSizeRender (2)

ひとことで言いましょう。いいです!最高です!HOKAを履いてると脚の疲労が格段に軽減されるようです。これは第1回AKB60の時も同様でしたが、今回は距離が延びたにも関わらずその印象は変わりませんでした。

ただ、気になるのはHOKAは日本のメーカーのようにアウトソールがキッチリ貼られていません。このことも影響しているのかソールの減りはかなり速いように感じます。

おそらく本番で100km完走できたら、もう使えない可能性が高い気がします。シューズが高いだけに消耗度の速さはデメリットとなり得ますが、引き換えに最高のクッションで脚を守ってもらっているので仕方ないでしょう。

もう1回50~60km走っておきたいところですが…?

Itoitexソックスのウェットにおける実力は?

14117979_1086741008072815_7149027783244908214_n

今回は、途中から雨が降り出して結構な本降りの中を走ることが出来ました。もちろん、履いてるソックスは濡れない・濡れない・匂わない?(笑)Itoitexです。

ラストのほうはシューズの中も、雨でグジュグジュとなりDNFとなったわけですが、ここぞとばかりにソックスを脱いで足の状態を観察してみると、確かに一切ふやけておらず足もサラサラな状態を保っていました。

Itoitexソックス自体は、濡れていたので同社の宣伝どおり、瞬時に水を排出するということが身をもって確認できました。これは、天気の変わりやすい場所や長時間に渡って走り続けるウルトラランナーには強力なサポートとなるのは間違いないでしょう。

これからも履き続けようと思いました!

番外編|Garmin920XTJのウルトラトラックモードについて

14054231_1086852378061678_7383994721411245856_n

通常の使用で、Garmin920XTJについては今のところ文句のない印象です。以前の古いガーミンに比べてGPSのトレース性能も秀逸になっているし、相変わらずGPS捕捉の速さも素晴らしいです。困ったところはありません!

ただひとつ!

今回、購入の決め手のひとつでもあったバッテリー駆動時間が38時間まで延長できるウルトラトラックモードについては、ちょっと残念な結果となりました…。

AKB50は通常モードで計測したので問題ないのですが、他の日にウルトラトラックモードを試してみたところ、距離の計測、ラップタイムの計測ともに結構メチャクチャです(笑)

通常、リアルタイムにGPSと更新しているところを1分間に2回まで減らすことでバッテリーの持ちを延ばしているわけですがその結果、計測の正確性が犠牲になってしまうようです。これは大誤算でした・・・ガッカリ(-_-;)

事実上、ウルトラマラソンのレース時には使えないとなると、普段の練習で計測よりもバッテリーの持ちを良くしたい場合や、ラップタイムなど必要なく時間が分かればいいというときに役立つ機能のようですね。

壱岐ウルトラマラソンに向けて

ダウンロード1

今回、気象コンディションもよく50kmは楽に踏める間隔を覚えていました。結果、雨により走れなかったもののそれなりの収穫を得ることが出来たAKB50となりました。

この2ヶ月くらいは250km~280km/月くらい走ってはいますが、肝心の超ロング走が2回とも途中で終わっているのが気がかり。いろんなグッズの確認を含め、もう一度60kmくらい走っておきたいところですがどうなるかな!?

1週間後に↓こうなりました(´Д` )

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください