【Itoitex 和紙のソックス】このサラサラはクセになる!?


巷で話題になっているItoitexのソックスを履いてみた。和紙、サラサラ、強い、、、特徴を聞いても?がたくさんなソックスは一体どんな実力を持っているのでしょうか?

和紙のソックスって一体どんなもの?

IMG_5111

正直なところ、和紙のソックスと聞くとすぐに破れるんじゃ?くらいの素人丸出し感覚しかなかった私ですが^^;ラン友さんで履いている人が増えてきたので気になって調べてみました。

マニラ麻を主原料とする和紙×シルクを日本独自の優れた技術力で”糸”にしてソックスを作っているようです。

もっと簡単に言うと、和紙を素材として使ったことで従来のランニングソックスでは得られなかった多くの特徴を生み出し、注目を浴びるソックスとなっているのです。

Itoitexが持つ驚くべき3つの特徴とは?

(イトイテックス)Itoitex ランニングソックス ショート 5本指 和紙×シルク マラソン トレイルランニング レッド 25-28cm …

1.”濡れない・蒸れない”持続するドライ感

主な素材であるマニラ麻が持つ特徴のひとつに高い通気性が挙げられます。表面に無数の穴が開いているため「呼吸する和紙の靴下」と商品パッケージにも書いてある通り、とにかく通気性がいい。

その結果、汗や水分なども靴下の呼吸により排出され、同時に蒸れも押し出すため靴下内のドライ感がずっと続くのです。普通ならジメジメしそうな環境においてもです。

2.他素材の3倍以上の”強さ”

マニラ麻は、自然界においては最も強靭な繊維のひとつとして知られています。靴下が呼吸することにより、上述の通り水分や空気が溜まることがないので摩擦が起きにくく、さらには和紙の持つ強さと相まって非常に強い素材だとされています。

イメージとは裏腹に、和紙を素材に使ったソックスは他の素材のソックスよりも3倍もの強さを誇っているのです。

3.常識破りレベル?”薄くて軽量”

手にとってみると分かりますが、とにかく薄いです。そして和紙を素材としていることでとにかく軽いです。

一般のソックスの半分以下の軽さではないかというのが実感ですが、データ上も他の素材に比べて約2分の1という薄さ、軽さとなっています。

詳細はItoitexさんのホームページでご確認ください。

実際に履いてみた!

IMG_5330

レビューなどでとりあえずは履いてみた印象をお伝えしましょう!いやいや、全く上に書いたとおりでした。以上!!
…で終わるわけにもいかないので、もう少し詳しくレビューしましょう(笑)

まず届いたソックスを手に取った瞬間に感じたのは、「薄っ!軽っ!」という感覚でした。さすがに和紙素材を使っているだけあって”薄い・軽い”は間違いありません!

次に早速、履いてみる。

ん?

足指を入れるのが難しい…。生地や縫い方の特性か?5つの足指の部分があまり伸縮しないので、指を入れるのがやや時間がかかる。

ここはこのソックスの唯一のデメリットかな?素材からしてあまり足指部分のように縫製の密度が高いところが伸縮しないのは仕方ないのでしょう!?

でも、そんなデメリット以上のメリットをItoitexはもたらしてくれるのでご安心を!

早速ランニングしてみた!

IMG_5334

ランニングシューズに足を入れたときに若干の違和感が…。いつも履いてたソックスよりも薄いのでシューズのフィッティングが少し変わった感じがしました。これはランニングシューズを正しく履いていると皆さん感じるかも!?

しかしながら、現在所有する4足のランニングシューズで当初ほどの違和感は感じなくなったので問題なし。シューレースの締め直しで対応できるレベルです。シューズ選びが間違っていなければ…。

今回はおよそ10km前後のジョギングから30km走までのレビューであり、北九州はここ1ヶ月ほど雨が降っていないためウェット環境はなしの前提です。

そんな中、一番印象に残るのは、、、

 

サラサラ♬

 

どれだけ履いてもサラサラな履き心地が持続します♪

 

特に、私自身が熱中症になった30km走(ホントは60km予定が半分でダウンw)の時でさえ、足の蒸れは皆無だったことにビックリしました(゜o゜)

このくらいの距離・時間を走ると真夏という時期的にも多少足がベタつくものでしたが、Itoitexのドライ感はホンモノでした!

次に、素材の強さを感じています。ほとんど伸縮しないので履くときにソックスを引っ張って1本ずつ足指を入れていくのですが、、、。

何しろ薄いので破れないか?ヒヤヒヤしてましたがぜんぜん問題ないようで、取り扱いに慣れてきた最近ではガッツリ引っ張ります(笑)
IMG_5333
解りにくいかもしれませんが、薄い素材のため肌が透けていますね。

もちろん軽さも実証済み。つまり、特徴として挙げられている3つのポイントはすぐに体感できるものであり、納得のクオリティであることが確認できます。

 

ウルトラマラソンでの効果に期待!

IMG_5265

私はウルトラマラソンを走ると、毎回左足の人差し指に大きなマメが出来ます。マメの原因となるのは摩擦による熱と水分の存在です。

ということは、理論上Itoitexはマメが出来にくいはずなので、10月の壱岐ウルトラマラソンで履いてみて効果を試してみたいと思います。

これまでのウルトラマラソンは、ゆびのばソックス、足王を履いてましたがマメに関しては同じように出来ました。Itoitexでマメが出来るか出来ないか?私の中では最大の期待を寄せています

HOKA+Itoitexコンビは鉄板となるか!?その前に完走できるかどうか?という不安が拭えませんけど…(笑)

Itoitexレビューまとめ【晴天編】

まだまだ、中身の薄いレビューではありますが、一刻も早くご紹介したいという想いもあり記事にしてみました。Itoitexがホームページで謳っている特長は、私個人の見解ではありますが間違いないものです。

何より履いてみるとすぐに解るはずです!?特に、汗かきのランナーは流れ落ちる汗がシューズの中で溜まることもありますし、またウルトラマラソンやトレイルランなど長時間走り続けるランナーにも、その効果はパフォーマンスアップをもたらしてくれる可能性を感じています。

もちろん、フルマラソンであれ10kmランであれ同様の効果が得られるのですが、厳しいコンディションで効果が期待できるということはItoitexの実力を裏付けるものであり、真骨頂ではないかと思います。

雨降りなどの環境でも試してみて、再びレビューしてみるつもりです!是非、いま履いているソックスに満足できない方はお試しあれ!!

他のソックスでは得られないこのサラサラ感はクセになると思いますよ^ ^

ホームページからの購入で送料無料であるところも嬉しいですね♬

【Itoitex 和紙のソックス】このサラサラはクセになる!?” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です