2016 北九州マラソンに参加しました♪ 


3度目にして初めて天候が崩れずに迎えた北九州マラソン。ランネットの評価でも全国ベスト3に入るほどの大会です。当初は沿道で応援するためにノーエントリーでしたが、スポンサーランナーの抽選に当選して参加することに…。

初フルよりも不安

IMG_3332

昨年10月の四万十川ウルトラマラソンと2週間後の下関海響マラソン以来、約3ヶ月で100kmにも満たない距離しか走っていないこともあり、初フルのときに感じた不安な気持ちが再発してしまいました。な割りに前日は大きく出てますが…^^;

思い切り言い訳になりますが練習する時間がなかなかとれず、無理やり計画した練習会は大寒波や天候不良でこなせず、結局なんだかんだで走らないまま当日を迎えることに。

初フルを迎える仲間の応援ランという逃げ口を盾にファンランを決め込むことにしました。スポンサーランナーで被り物もあるし(言い訳No2)

北九州マラソンは素晴らしい

12745791_1729119110658051_5384449991849918333_n

大会を開催するにあたり、すべての環境がマラソン肯定派ではなくいろんな問題もある中、事務局の方々のご尽力やスポンサー企業による支援もあって私たちが安全に走れていることにあらためて感謝しています。

あちこちのマラソンを走ってきて思いますが、地元だからではなく北九州は沿道の応援が熱心で素晴らしいです。レース当日はそんな沿道の皆さんや仲間の応援があってランナーも元気をたくさんもらって走れるのです。

応援がなかったら完走率もきっと落ちるだろうなと思います。6時間という市民マラソンのなかでは厳しい制限時間にも関わらず、今回の完走率が90%越えてるのもスゴいことですね。

レースを振り返り…

IMG_3402メディア運相変わらず強しw

今回は、Cブロック(スポンサー枠の人はみんなここから)ではなく最後尾Kブロックから、クラブメンバーや教室の生徒さんを応援しながら走ることにしました。キロ7分~7分30分のLSDのつもりで走り、5時間30分のゴール予定です。

スタートの号砲から約11分でスタートゲートを通過、いよいよ個人的な練習不足の不安と初フルを迎える生徒さんたちがどのくらい走れるだろう?というW不安を抱えながら走り出す。

レース直前には、裏山に犬の散歩に行く際に階段を上るだけで、軽い息切れ、太ももに違和感を感じるほどなまっていた筋肉も何とかもってくれている。

意外に走れて安心 ホッ

12729113_1729116830658279_6987978852077498061_n

ペースもゆっくりなのでラクだったのかもしれないけど、このままだと援護ランにならないので、少しずつペースを上げていく。

被り物が暑い…。かなり出来がよいようでがっちり作られている。前日に「暑くなったら脱いで投げていいですか?」と軽く冗談で言ったら

「イヤイヤ、コレ○万円かかってるんです、ひとつ…(゜o゜)」

と言われ脱ぎ捨てるオプションは即封印。弁償できない金額w

スポンサーランナーは無料で走らせていただくので言いなりである+飼い犬としてワンワンPRしながら走らねばならないのである…(笑) 犬じゃないな、なんだろ?

メンタルを制することがレースを制する

IMG_3393
メディア運まだまだ強し・・

レース前に、【足が痛い!】その痛みはホンモノ?それともニセモノ?【マラソンはメンタル】脳をだまして完走する2つの方法とは?という2つの記事を書いた。

実際に、練習不足のおかげで5kmも走らないうちから、ウソの痛みが足裏に出てきた。これは結局、ゴールまで続くも「これはウソだな」と思っていたのでそれほど酷くもならず、休まないので根比べのように脳が信号を出し続けていたようです。

実際、ゴール後はなんともなし、スッと消えていきました。これを知ってるのと知らないのとでは結果に多少なりとも影響するなと実感できたのが収穫ですね。

レース後に「痛いのは気のせい」が役立ったと多くの報告もいただいたので間違いないみたいです!?

もうひとつの目標はエイド全制覇

12745877_1729117857324843_112228926317102865_n
この談笑のあとステーキ♪

記録を狙うレースだと、エイドでのんびりという訳にもいかないので、今回は全エイド(特に給食)制覇も目標のひとつ。

特に、1回目は自己ベスト目指して走ってたので見向きもせず(その結果3時間49分で自己ベスト達成!)、2回目は、寒すぎて焼きあがり待ちの列に並ぶ勇気がなくスルーした「小倉牛丸焼き」を食することがエイド制覇の最大のミッションです!

今回は、ちょうどいいタイミングで待つこともなくステーキをいただくことが出来ました。うわさに聞いてたけど、思った以上に美味しかったですよ♪

レースの結果は?

12717235_752174944927009_3964998545702331189_n
後ろ向きに走ってます。ウルトラのときに役立つ奥義!?

仲間の頑張る姿を探しながら、キョロキョロ、時には後ろ向きに走りながら(これ特技です)すれ違ったり、見つけたら声をかけながら走りました。

5時間30分のゴール目標に対して、少し早く帰ってきてしまったのでステーキ堪能後は、のんびりウォーキング&寒くなったらランで誰か来るのを待ちます。

12742393_752174971593673_7651531826527542758_n
同じの被ってる人は引き合う運命に?

その間にも、道中同じ境遇のランナーと幾度となく遭遇し、妙な親近感からおしゃべりしたり声を掛け合ったり、ゴール手前でも写真の知らないおじさんと意気投合してしまい、ウルトラマラソンの話で盛り上がりながらゴールへ向ってました(笑)

その途中にも数名の仲間に声をかけ、ゴール手前では初フルの生徒さんが頑張って走っているのを発見し、一緒にゴールまで走りました!

今回の北九州マラソンで学んだこと

IMG_3394
初フル感動のゴールを共有できました♪

私自身は応援ランしながら時間通りゴールすることが目標でした。とりあえず5時間28分くらいのゴールだったので目標クリア。でも、ここに感動はない。

今回は、クラブの仲間や教室の生徒さんたちが頑張っている姿と沿道で応援してくれる方々にとても大きな感動をいただきました。

万全ではないコンディションの生徒さんたちを含め、想像以上に高い、高すぎる完走率をみせてくれました。

残念ながら完走できなかった生徒さんも、予定していたDNFと自己最長距離を走るといういい形で次につながりました。

何よりビックリするのは、みんな結構元気なことです。私の初フル後は、しばらく産まれたての仔馬のような状態だった気がしますが…

とにかく皆さんの頑張りにビンビン刺激されて、深夜0時からのウルトラエントリーも気合で勝ち取りました。1時30分までかかりましたが…

おわりに

IMG_3343
これはスゴイ…。

今回マラソンに初チャレンジした人もいれば、自分の目標を追いかけて走った人、沿道を楽しませることを目標に走った人といろんな目的があるはずです。

競技としての側面ももちろんありますが、マラソンを楽しむという側面をもっと探求していきたいなと感じた今回の北九州マラソンでした。

周りにいる皆さんから、いろんなことを学び、いいことは真似して発展させていきたいと思っています。

来年はちょっと大仕掛けなプランを既に練っていますよ♪

2016 北九州マラソンに参加しました♪ ” に対して1件のコメントがあります。

  1. 千々和富見子 より:

    3回目の北マラ、今回は4時間半を狙いました。ラン教室に入り、8ヶ月。
    今までと違うことは、
    フォームの改善、フラット着地、ゆびのばソックス、時計を意識してのペース走。なんと、20分も記録更新しちゃいました。ただ、最後の5キロが喉が渇き、軽い脱水症を起こし、水を一気に飲んでしまい、失速。
    いつも気にかけていた水分補給を軽く考えていて、反省。
    やはり、簡単にはいかないのが、フルマラソンですね〜。
    次回は目標達成頑張るぞー。^_−☆

    1. kantok より:

      PB更新おめでとうございます*\(^o^)/*
      20分短縮はスゴイです!頑張った成果が出ましたね^ ^

      寒い時でも発汗は進んでいるので、給水はコンスタントに取り続けないといけないところが難しいところです。

      私は喉が乾いてなくて飲みたくない時は、ちょっと喉を濡らす程度で済ませてます。

      サブ4.5ぴったり背中を捉えました。次回はラクラク達成しましょう!

  2. なり。 より:

    地元北九州の大会。
    沿道のみなさん、ボランティアのみなさんに楽しんでいただけるよう、仮装ランしました。
    でも、それを大きく上回るパワー溢れる声援を全身に受け、私たちの方が最後まで楽しませていただきました。
    走る人も支える人も応援する人も、みなさんそれぞれが一体となって盛り上がれる素晴らしい大会だと思います。小倉牛を始め、盛りだくさんのエイドもお楽しみのひとつです。
    沿道から応援してくれたチビちゃんが、無駄に元気、笑顔いっぱいの私たちの仮装ランを見て、大きくなったら北九州マラソンを走りたいと思ってくれると嬉しいです。

    1. kantok より:

      ウッディとジェシーのクオリティお見事でした!沿道ウケもバッチリでしたね

      応援や沿道の皆さんからパワーをもらう経験が増えると、仮装ランなどで沿道の皆さんにも楽しんでもらおうという意識が芽生えてきますね^^

      沿道の応援に出てきてくれる方を笑顔にするミッションは、とても素敵なことであり笑顔の交換が出来て走る側も力もらえて一石二鳥です♬

  3. かと より:

    フルマラソンとしては3回目の参加でした。
    北マラに向けずっと練習し2月上旬までは調子も良く、目標タイムもなんとか達成出来そうと思っていた矢先の足の不調。もう不安はMAX。大会前1週間は走らず、普段はサボるストレッチのみを行い参加、目標はネットタイムで何とか達成。
    途中、足が痛く何度も歩こうかと思いましたが、「頑張らないけど、諦めない」という監督のことばや、仲間からの声援に励まされ必死でゴールしました。。最後は、メンタルなのか〜っと、実感した大会でした。
    私は今、辛くても、きつくても、また走りたいと思う、マラソンの魅力にハマってます。

    1. kantok より:

      足が不調でも目標クリアさすがです!おめでとうございます*\(^o^)/*

      ネット、グロスで気分的に違うところもありますが、正確な走ったタイムでいえばネットですから自信持ってください!

      グロス評価はただの大会やレギュレーション上の公的評価に過ぎませんから、、、

      マラソンは、メンタルの比率が大きいと思ってますよ。だから感動があるのだと^ ^

  4. ハラダ より:

    54歳にして初のマラソンに参加(挑戦)してきました!
    教室に入った時の目標は古傷(右膝)痛まないで10キロ走れること!
    当時3キロ走れば良い方でだったですね✨(古傷は気にならなくなった)
    それが9ヶ月でフルに挑戦するところまでレベルアップ?!には我ながら☀
    北マラソン参加前(昨年12末)に痛めた左膝の影響であまり練習出来ず…
    体調やメンタルですご〜く不安で望んだのだけど
    当日はなんか朝から楽しいんですよ(笑)歓迎遠足気分(^^;開き直りですね(笑)
    スタートしてからもさらに楽しくて(沿道の声援や同じ目的仲間と走ること)
    前半は疲れ感じずマイペース快調この気分で後半もと思うも…あまかった(^^;
    まさかの右足脹ら脛ツリ2回(T0T)特に2回目(残り9キロ地点)は完全に心折れて
    リタイア考えてたら…幼児が耳元でオイチャンがんばれ✊‼
    そのお母さんが「ブラックサンダーチョコ」くれてこの二つ効いた〜(笑)
    お陰さまでギリギリの5時間50分位で完走\(^^)/
    マラソン確かに楽ではないけれど外からではわからなかったものを
    沢山発見!体験できて出てほんとーに良かったと思います
    北九州沿道の応援は凄かったまたチャンスあれば出たい✨

    1. kantok より:

      完走おめでとうございます*\(^o^)/*
      脚の痛みがある中ナイスランでした!
      やりすぎると故障すると言い続けたつもりですが(笑)

      沿道でのエピソードいいですね^ ^そんな光景が当日至るところであってたはずです。
      水知らずの人達が、誰彼構わずみんなを応援してくれることも初マラソンでは新鮮な感動があると思います。

      2回目、3回目と体のダメージはどんどん小さくなっていくはずなので楽しみですね♬

  5. ようこ より:

    ☆北九州マラソン2016☆
    人生初めてのフルマラソンは感動のゴールでした\(^o^)/
    マラソンを始めたのは10か月前、最初は500m走るのがやっとだった私が42.195㎞を完走できるなんて!!
    ジョギング教室に入って、北九州マラソンの完走が私の目標でした。今その目標が達成できて本当に頑張ってきて良かったと嬉しく思います。

    ハーフを過ぎて痛めている膝に激痛が走り、走れなくなっているとき、ちょうど監督に会いました。
    監督が励ましてくれアドバイスをくれなければ絶対に諦めていました。
    後半は歩く走るをとにかく繰り返し、途中痛みで泣きながら走り、また教室で教えていただいた姿勢やフォームを思い出しながら、あと何キロあと何キロとひたすら前へ前へ進んでいきました。
    ゴール前でまた監督に会えて最後の力を振り絞って一緒にゴールできて本当に良かったです。

    監督、教室の仲間、クラブの仲間、家族や友人の応援がなければ決して完走できなかった42.195㎞。
    こんなに苦しい思いをして走ったのに、来年もまたスタートラインに立ちたいと思います。

    1. kantok より:

      完走おめでとうございます(^^ゞ

      痛みを乗り越えて初距離もなんのその…素晴らしいです!
      10ヶ月ですか?私は1年チョイで初フルだったのでそれもスゴイ(゜o゜)

      2回ともベストなタイミングで会えたようですね?
      ゴール手前でペースランナーにくらいついて走る姿を発見したときに感動しましたよ^^
      よかったです、あのままだと被り物ブラザーズでゴールする羽目になってたので(笑)
      この頑張りはきっとこれからいろんな場面で活きてくるはずです。

      脚が治ったら、パワーアップした証拠ですからまた次の目標に向けて頑張りましょう♪

  6. りっくん より:

    私の初のフルマラソンは、制限時間ギリギリでゴールすることができました☆

    ジョギング歴だけは長く、6年くらい?一生健康ジョギングで走れたらいいかな、と思っていた私が教室の皆さんと走るようになって多くの刺激を受け初のフルマラソンにチャレンジ。
    カントクのアドバイスや仲間の刺激がなければ、きっとずっとチャレンジする勇気さえなかったと思います。

    私の初フルマラソンは思っていた以上に過酷な旅でしたが、参加して良かったと心から思えます。
    マラソンを生活の一部にしている夫や陸上をやっている娘の気持ちに少し近づけたことも嬉しいですし、カントクが言われたように、生涯の財産が一つ増えたと思えることが何よりも嬉しいです!
    やったーー!ゴールしたぞーー!(^^)!

    1. kantok より:

      完走おめでとうございます*\(^o^)/*

      練習の進捗は一番スムーズにいってたので、直前の腰痛が悔やまれ心配でしたがさすがですね^ ^

      実力よりもかなりハードなフルマラソンのデビューとなったはずです。これから先がもっとラクに走れるという事ですよ♩

      私もウルトラ走ってる時は2度と出ない!と思うのですが、終わってみると次どうしようかな?とワクワクしている自分がいます!
      不思議ですね、マラソンって(笑)

      あ、日本でフルマラソンを完走できる人は0.3%しかいません。狭き門クリアしましたね。

  7. SHIGEKI より:

    【北九州マラソン2016 初挑戦】
    思い起こせば昨年、年男という事で何か新しいことに挑戦しようと直感で浮かんだのがマラソン。
    そう決意してから1ヶ月後、幸運にも今入ってるジョギングクラブの監督と出会い、そこからが始まりでした。
    監督からたくさんの事を教わり、またジョギングクラブのメンバーと一緒にそれぞれが自分の目標を持ち目標達成に励むのは本当に勇気づけられました。
    そして約8ヶ月後の福岡マラソンにエントリーしてたけど落選>__<
    手荷物を預け、トイレを済まし、スタート15分前ギリギリにブロックに並ぶ。Kブロックなので一番後ろ。

    そして午前9時、スタートの合図が鳴り響く。Kブロックはぴくりも進まず。
    スタート地点までに約10分くらいかかると聞いてたけど、結局11分以上かかりスタート地点を通過。
    一番速いランナーは4キロ近く行ってるのかと思いながら走り始める。

    団子状態で走り出し、結局15キロくらいまでこの状態。あっという間に練習の最長記録に到達。周りの楽しい仮想ランナーや、おしゃれなウェアやシューズを履いているランナーを見ながら何となく走ってきた。
    キロ6分半くらいのペース。車道を走れる快適さ、周りの景観、途切れない沿道の応援の人達の数にびっくりしながら給水ポイントで給水、携帯していたサプリも取る。
    もしかして完走行けるかも。そう思ったのは甘い考えでした(。-_-。)

    少し足の張りに気づきながらも、気のせいと自分に言い聞かせ走り続け、ハーフの折り返し地点を通過。
    まだペースは保っている。
    そして25キロを超えてから急に右足のふくらはぎがつりそうになる。給水ポイントでしっかり水分をとり、
    さらに走るが軽くつってしまう。少しペースを落とすと回復。大丈夫なのを確認しながら走り続ける。
    25キロからの5キロはキロ7分くらいになってしまう。でも完走が目標なのでケガでリタイアはしたくない。
    30キロを超えたところで、またふくらはぎがつる。ペースを落として走るがなかなか治らず。
    そして、32キロ越えたところで足が動かなくなる。とにかく止まらず給水ポイントで給水し、携帯サプリを取る。監督から歩くなら何歩までと決めておいた方がいいとアドバイスを受けたのを思い出す。
    とりあえず歩くが30歩までにして、また走り始める。(速歩きより少し速いスピードだけど)

    やっばり練習が足りなかった。後悔と情けなさが溢れ出す。35キロを超えてからは30歩歩いてまた走り、また30歩歩くの繰り返し。もう2度と走るか!とまで思えた。

    悔しさを感じながら進む。ジョギングクラブのメンバーも頑張ってるだろうなと思いながら進む。
    ブログに監督が載せてた監督が好きな言葉を思い出す。監督がフルマラソンやウルトラマラソンに挑戦しているモチベーションの原点となっている言葉。
    『42.195kmを走り終えてその先で待っている自分に会いたい。そのために走るんです。』
    その言葉が頭を駆け巡りグッとくる。
    強い思いを持ちながら歩いて、また走る。すると途中で同級生の友人と出会う。お互い完走を目指そうと約束してたがスタート地点では会えず、そのままだった。25キロを超えてから足にきたそうでかなり辛そう。それからは歩いたり走ったりとしていたみたい。後からネットで見てみると自分よりかなり速いペースで10分くらい先を行ってたようだ。そこに追いついたみたい。向こうが気づいたんだけど^_^;
    そして思いがけない言葉をかけられる。「俺はもう走れないからこのまま歩いてゴールを目指すけど、お前頑張ったら5時間切れるんじゃない!?」
    何ていい奴だ!!自分も相当苦しいはずなのに励ましてくれる。また、ここでグッとくる。

    でもしばらく前に5時間のペースランナーに抜かれていったから無理だろう。と思いながら重要な事に気づく。そういえばスタート地点まで11分ちょっとのロスがあったこと。
    時計を見直し、そのロスをひくと残り2キロくらいを20分で行けばネットタイムで5時間をきれる!!!
    無言で同級生に対してうなづき、また止まりそうなスピードだけど走り出す。残り1キロを切り遠かったゴールが近づいてくる。そして残り150m。あの先を曲がればもうゴールというところでこの大会のゲストである有森裕子さん(皆さんご存知のオリンピックメダリスト)がゴール手前のランナーに声をかけてハイタッチして迎えてくれていた。
    有森裕さんとハイタッチを交わし、そして曲がってからの最後の直線。ラストスパート(自分の中では)して念願のゴール☆☆☆

    時計を見ると5時間7分過ぎ。スタート地点までの11分を引くとネットタイムで5時間切り。ゴールでは妻と子供達が待っててくれました!そして写真を撮ってもらい、同級生を待っていると6分後にゴールに来た。
    お互いの検討を讃えあいました^ ^
    完走の記念メダルを首にかけてもらい、着替えにいく。着替えながら、レースを思い出す。
    とりあえず完走できて良かった!レースではたくさんの沿道の応援が支えとなりました。
    チョコをくれた幼稚園ぐらいの女の子、残り5キロくらいの沿道でエアサロンパスのスプレーを自由に使ってと貸していただいた女性の方、本当にありがとうございました。
    途中では、もう2度と走るかと思ったのに、来年はもっと最後まで安定したスピードで走りたいと思う自分がいました。マラソンの魅力にはまってしまったのかな?まだまだ知らない魅力がたくさんありそう♪

    監督、おかげ様で完走する事が出来ました^o^
    本当に感謝しています。ありがとうございました❗️

    そして監督、ジョギングクラブの皆さん、今後ともよろしくお願いします!

    1. kantok より:

      完走おめでとうございます(^^ゞ

      お会いできなかったのでゴール後、LINE見たときにホッと安心しました!

      これまでの約3倍の距離を走ったのはすごいことです。さすが!!

      42.195kmの道中にはいろんなシーンがあると思います。まさに筋書きのないドラマの主人公となるわけです。

      その中で得られる感謝だったり、仲間のゲキだったり、沿道の人の温かさ…すべてがいい思い出になりますね。

      これから走る方へ励みとなる完走記ありがとうございました^^

      2回目のフルマラソンは、歩かず完走してサブ4目指しましょう♪

  8. 相浦真理子 より:

    投稿が遅くなりました。11月ちょっと色々あって精神的にまいってしまって申し込んでいた大会だけ参加するという日々でした。大会ではチームの皆さんがパワーをくれて、本当に楽しく走れるんですが、精神的にやられると体調もおかしくなり結局2月は1メートルも走らないまま北九州マラソンを迎えました。
    去年も参加して完走したんですが、去年は5ヵ月の練習で無謀かなと思ったのでそれなりに練習を重ねていました。でも今年は全く練習出来ていないという現実に走っても走ってもゴールにたどり着かないという悪夢まで見る始末(笑)
    不安しかありませんでした。
    エントリーした時の目標どころが完走も危うい状態に目標を人に聞かれると「完食」と答えていました。
    孤独に一人で走ってほんとに辛かったけど途中チームの応援の方、被り物のよく似合う監督、チームのメンバーと会ってその度にパワーをいただきました。
    おかげで完走&完食の目標を達成し、なんとかやり遂げたフルマラソンでした。
    来年はちゃんと練習して走ろうと思いました。
    そうそう、筋肉痛が去年は2週間ほど続いたんですけど今年は翌日までしかありませんでした。ゆびのばソックスのおかげ?

    1. kantok より:

      完走&完食おめでとうございました!
      走れていない状況でも完走できるのは経験がものをいいますね。
      すばらしいです!!

      練習しなくても筋肉痛が出ないのは、ゆびのばソックスの効果はあるかもしれないですね!?
      着地が変わってくるはずなので衝撃が分散されているのかもしれません。

      また楽しくレッスンしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください