千里の道も1歩から!みんなゼロスタート


「すごいなぁ~よく走れるなぁ~」
「あんなに走れるってすごいなぁ~」

颯爽と走るランナーや、大会で仲間がフルマラソンなどを完走したときによく聞く言葉です。もちろん、凄いことです。でも今あなたが感心している人は最初からそんなに走れたのでしょうか?

FullSizeRender (1)

 

最初はみんな走れない

 

いま、フルマラソンを完走している人もウルトラマラソンを完走している人も走り始めの方から見ると超人、変態に見えることでしょう。しかしながら、そのランナー達も皆さんと同じように、羨望の眼差しで先輩ランナーを見つめていた時期があるのです。

そして、少しずつステップアップし、練習を重ねて今があるのです。当然ながらいきなり走れているわけではないのです。

ということは?

あなたも近い将来、向こう側のランナーへと変身している可能性はおおいにあるということです。

 

ゼロスタート

 

学生時代に陸上部などで走っていた方でも、ブランクが長いと調子を取り戻すのに時間がかかります。ましてや運動から遠ざかっていた人も少なくありません。今走ってる市民ランナーの方の中には運動経験が全くなかったという方も多いのです。

そういう意味では、みんなゼロスタートであり、最初から長距離を走れていたということは皆無でしょう。あなたがすごいなぁと言ってるランナーもあなたもスタート位置は同じなのです。ここからどんな目標を持って進むのかが大切な心構えですね。

 

千里の道も1歩から

 

有名な言葉なのでご存知の方がほとんどでしょう。どんな大きな事業や気の遠くなるような目標も、最初の1歩から始まり、その積み重ねでしかないということです。

フルマラソンに例えてみると、走り始めたばかりの方にとって42,195kmという距離は、果てしなく遠くその背中さえ捉えることもできない距離でしょう。でも、1歩ずつ進むしかないのです。そしてそれがあなたが42,195kmを走りぬくランナーになるための唯一の手段なのです。

 

あなたにもできるのです

 

いまはとても出来ないと思うでしょう。でも、フルマラソンを笑顔で走ってるランナーもあなたと同じ気持ちを乗り越えてきているのです。だから、「大丈夫、走れるよ!」と気軽に声をかけるのです。

あなたにしてみれば、無責任な言葉に聞こえるかもしれません。でも、同じ気持ちを共有した先輩が身をもって示しているのですからこれほど説得力のある言葉はないでしょう。

 

まずは1歩、とにかく1歩!

 

未知の世界へ足を踏み入れる不安は誰しも経験する感情です。でも一方で頑張れば出来るんじゃないか?と思っている自分がいることにも気付いているはずです。

あなたがやることはチャレンジするという決断を下すことです。

もちろん、無理なスケジュールや無謀ともいえるチャレンジはおすすめできません。でも、時間や安全に練習できる環境が整っているのであれば、最初の1歩を踏み出す時がきているのです。

マラソンの世界に限定して言えば、この1歩を踏み出さなければ来年も再来年も何も変わらないあなたと過ごすことになるのです。

でも勇気を出して1歩踏み込んだなら、近い将来、自分でも想像がつかなかった「新たな自分」に出会う確立はぐんと上がります。

目標に向かって、頑張る自分
目標をクリアして喜んでいる自分

 

いろんなあなたをイメージして、最初の1歩を踏み出しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください