再び感動のステージへ!四万十川ウルトラマラソンに向けて


2013年10月に初めてウルトラマラソンンにチャレンジしたのが

四万十川ウルトラマラソンでした。

 

”東のサロマ、西の四万十”と言われ、ウルトラマラソンの世界では日本を代表する

大会のひとつです。

今回も運よく抽選に当たり2年ぶりに走れるチャンスが巡ってきました!

 

2年前は、とんでもないチャレンジでありながら、12時間12分というタイムで100kmを完走し、

また沿道の声援やボランティアスタッフさんから多くの力をいただいたことも

記憶に新しいところです。

 

今回は、久しぶりに自己ベストを目指してみようと思ってます。

 

12時間切り!

 

もっと正確に言えば、11時間45分を目標タイムに設定しました。

 

元々、ウルトラマラソンで自分の力試しをすると方々で公言していたので

今シーズンはこの「四万十川ウルトラマラソン」にかけます!

 

2週間後の下関海響マラソンは、ファンラン決定ですね・・・タイミング的に^^;

仮装するか?のんびりエイド制覇しながら走るか?

当日の体調次第で決めようと思います。

 

北九州マラソンについても、1、2回ともに参加して走らせていただきましたが

今回は不参加にします。

 

教室の生徒さんが何人出るか?定かではないけど結構な人数になると思うので

沿道をチャリで移動しながら全員の応援をするつもりです。

 

今から楽しみです(^^ゞ

 

 

で、話を戻しますが前回の周防大島スーパーマラニックの反省からコースを見直してみることに・・

 

大会HPのコース図はこちら

HP

600mの山越えと55km付近の山、ラストに少し坂がある程度・・・?

 

うん、こんな感じだなと思うものの何十キロも下り続けるわけもないな

と思い、ネットで探してみたところ、、、ありました(@_@;)

 

ガーミンによる実測データ

実測

もちろん、パッと見は同じ感じですがよ~く見ると

山を下った後も下り基調ながらも小さなアップダウンの連続だということが

わかります。

 

累積標高差も850mと書いてるところがありますが、実測では1200m弱あるようです。

たいしたものではないですが、ウルトラで100km走る上ではこの差は大きいのかも?

 

でも全体に周防大島のコースに比べるとラクですね、明らかに。

一度走ってるのでイメージはあります♪

 

今回コースを見直すことができたのは前回の学びを実践できたこと。

少し成長しました(笑)

 

また、四万十の人達に再会できるのが楽しみです(^^ゞ

あの暖かさをもう一度たっぷりと味わってきましょう!

 

2つ目のメダルを貰わないとっ!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください