遅いほどいい!スロージョギング3つのスゴイ効果 その3


今回はスロージョギングのスゴイ効果3つめとなる

 

「脳も身体もイキイキ効果」についてです。

 

スロージョギングに限らず、身体を動かして運動習慣がつくといろんな変化が現れます。
見た目に絞れた感じがしたり、肌ツヤが良くなったり・・・

 

でも、外見だけでなく内面にも変化が起こっていることも多いようですよ!?

 


毛細血管が再生されて、全身の血液の流れが改善されることで、コレステロールや血糖などの数値も
改善してきます。

それが生活習慣病の改善や予防にもつながり、健康な身体を取り戻すことが出来るのです。

 

それに加えて、スロージョギングによる全身血流の改善は脳にも好影響を及ぼすという報告もあります。

 

スロージョギングのように負荷の軽い運動を続けることで、脳の前頭前野の体積が大きくなることが
国内外から発表されています。

この前頭前野は判断や記憶に関わる場所であり、判断力や記憶力の維持・向上という相乗効果も

期待できるのです。

 

似た運動であるウォーキングでは、前頭前野の拡大効果は認められておらず、スロージョギングが持つ
特有の効果であるともいえるでしょう。

ゆっくり歩くよりもスロージョギングをしているほうが、移りゆく景色や草花の香り、そして楽しい会話も
鮮明な記憶として残るかもしれませんね?

 

スロージョギングには、

 

1.ウォーキングよりも高いダイエット効果

2.毛細血管再生でスタミナアップ効果

3.脳も身体もイキイキ効果

 

と歓迎すべき効果があります。

 

いま、ウォーキングをしているあなた、そしてこれから運動を始めようというあなた!
スロージョギングを選択肢に入れてみてもいいかもしれないですね(^^ゞ

次回からは具体的なスロージョギングの方法を書いていきますよ~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です