遅いほどいい!スロージョギング3つのスゴイ効果 その2


く人に抜かれてしまうようなスピードで走るスロージョギングには、ウォーキングよりも
1.6~1.8倍カロリー消費が高くダイエット効果があるという記事を書きました。

 

今回は2つ目のスゴイ効果である

スタミナアップ!毛細血管再生効果についてです。

 

私たちの身体の中には、全身くまなく血管が通っています。しかしながら、筋肉の中を通っているにも関わらず
血液が流れていない”使われていない毛細血管”があることをご存知ですか?

この”使われていない毛細血管”を再生させるためには持続的な弱い刺激が必要と言われています。

お気付きのとおり、スロージョギングは弱い着地刺激を長時間に渡って続けるため、この毛細血管再生に
最適な運動なのです。

 

スロージョギングによって”使われる毛細血管”として再生されると、血液とともに酸素や栄養が運ばれるようになります。
そして再生される毛細血管が増えれば増えるほど、エネルギー効率のいい身体へと進化していくのです。

 

自分の身体を抱えて走ってもらうとイメージしてください。

 

3人で運んでもらうより5人で運んでもらったほうがラクだと思いませんか?

 

あなたは今自分の持っているポテンシャルの何%を使えているでしょうか?

 

スロージョギングに限らず、身体を動かしていると、同じことをしても以前より疲れにくくなったりするのも
こんなメカニズムも関与していると思います。

 

マラソンのトレーニングでLSD(Long Slow Distanceの略)と言うものがあります。いつもより遅いスピードで、
ゆっくりと長い時間・距離を走るということですが、これも同じメカニズムで持久力アップ、スタミナアップを狙ったものです。

 

走ってない方でも取り組みやすいスロージョギングをすることで、このような効果が得られるのですから、まずは
スロージョギングで走ることに慣れながら、同時にスタミナもつけていきましょう(^^)v

 

次回は「脳も体もイキイキ効果」です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です